構築から運用、顧客管理まで一元管理できるネットショップシステムで開業するならAllin1 OFFiCE

操作について

Allin1 Check!経由でのキャンセル依頼

Allin1Check!経由でのキャンセル依頼については、以下の手順でお進みください。

  1. Allin1Check!注文につきましては、「販売管理 決済管理 : Allin1Check!注文」で確認できます。
  2. キャンセル依頼書は、「ヘルプ」の中にご用意しております。「Allin1Check!カード決済キャンセル依頼書」をダウンロードしてください。
  3. ※キャンセル依頼は、1度に13件までとなっております。13件以上の場合は、複数ファイルにてご依頼ください。
    ・Allin1Check!カード決済キャンセル依頼書は、「allin1check@ideacross.co.jp/work_tn@e.billingjapan.co.jp 」までお送り下さい。
  4. Allin1の注文ステータスとAllin1Check!注文は、連動しておりません。
    ※注文ステータスを「キャンセル」に変更されてもAllin1Check!カード決済のキャンセルはされません。

【ご注意】
Allin1 Check!は新規でご契約頂くことができません。既にご契約頂いておりますお客様のみのサービスとなります。新たにAllin1の独自決済をご導入頂く場合は「Allin1 Check! NEXT」をご利用頂けます。
あらかじめ、ご了承ください。

Allin1 Check!の解約について

Allin1サービスと「Allin1Check!」は、別サービスとなっております。Allin1サービスが終了されても、決済代行サービス「Allin1Check!」を解約されませんと毎月の事務手数料は、継続して発生いたします。
Allin1Check!は、毎月15日が締め日となります。締め日を過ぎてしまいますと、事務手数料が発生してしまいますので、ご注意ください。

解約申請書は、「基本管理 決済/配送関連設定 > 決済情報設定 Allin1Check!クレジットカード 詳細設定」のヘルプの中にご用意しております。

  • 解約申請書をダウンロードしてください。
  • 必ず解約希望日をご記入ください。

Allin1サービスを終了する際は、終了日前に、あらかじめ解約申請書をダウンロードしてください。

プロフェッショナルモードで編集したら、買い物カゴ等の罫線が表示されなくなった

プロフェッショナルモード(HTML)で編集して、ショップを確認したら、買い物カゴなどの罫線が表示されないという現象は、スタイルシートをプロフェッショナルモードで編集したことにより、テンプレートのスタイルが適用されなくなったことが原因です。

以下の2つの方法で直すことができます。

<<スタイルシート編集方法>>
【方法1】適用されなくなったテンプレートのスタイルをリンクし直して表示する

@import “/css/style.html”;
▲をコピーして
ページ管理>サイトデザイン管理 : HTML編集デザイン : スタイルシート管理
にて、編集欄の一番上に追加で貼り付けて保存してください。

【方法2】テンプレートスタイルシートの一部をコピーして消えた枠線だけを表示する

下記URLをブラウザで開き(ページには何も表示されません)

http://●●-sh.sv1.allin1.jp/css/style.html

※「●●」は、御社のAllin1 IDが入ります。

右クリックをし、「ソースの表示」をしていただき、

 

/* S : Goods detail page */
から
/* E : Goods detail page */

 

まで、および

 

/* ********* S : Table Style ********** */
から
/* ********* E: Table Style END********** */

 

までの2箇所の内容をコピーし、
ページ管理>サイトデザイン管理 : HTML編集デザイン : スタイルシート管理
にて、編集欄に追加で貼り付けて保存してください。

J-paymentのご利用について

J-paymentの導入をご検討のお客様は、事前にJ-paymentさまとのご契約が必要となります。

 

■J-payment申込み方法

  1. Q&A http://www.j-payment.co.jp/faq/
  2. 審査はお申込みから3週間ほどお時間がかかる場合もございます。
  3. J-paymentさまより店舗IDが発行されます。

■J-paymentご利用の際、J-payment管理画面にて、弊社のサーバのIPを設定する場合があるようです。
「決済データ送信元IP」という設定が必要な場合は、「61.204.224.70」となります。こちらをご入力ください。
このIPは、Allin1の通常サービスをお使いの方のサーバIPとなります。
専用サーバをご利用のお客様、カスタマイズを行われたお客様は、IPが異なりますので、別途お問い合わせください。

メールアカウント作成について

独自ドメインを取得されたお客様につきましては、ご自身でメールアカウントを作成していただくことが可能です。
※事前に弊社にてDNS設定のご依頼が必要となりますので、メールをご利用の際には、弊社側での設定が必要となりますので、お客様デスクまでご連絡ください。

■メールアカウントの設定について

  1. サービスコントロールマネージャー/オプションサービス/メールアカウント管理を開きます。
  2. メールマネージャーLOGIN画面が表示されます。
  3. 「ドメイン名」/「パスワード」をご入力ください。
    ※パスワードにつきましては、初期値としてAllin1OFFiCEのログインパスワードを設定しています。
    お客様で変更・管理されることをおすすめします。

メールアカウントの作成、転送設定、アカウントごとの容量設定、パスワード設定が可能です。
作成したメールアカウントの容量は、ご契約のHDD容量に含まれております。
※メールアカウント容量が増えすぎると、サイト制作の容量が不足する場合がありますのでご注意ください。
操作方法につきましては、マニュアルのご用意がございますのでご確認ください。

■メールソフトの設定について

  1. メールサーバの設定
    受信メールサーバー(pop3)⇒mail.独自ドメイン
    送信メールサーバー(smtp)⇒mail.独自ドメイン
  2. アカウントの設定について
    ・アカウントは@以下までご入力ください。
    ・送信設定欄で『このサーバは認証が必要』にチェックを入れてください。
    ・設定時、受信ができて送信ができないという場合は、送信ポート番号の変更が必要になります。
    送信サーバ(SMTP)のポート番号が「25」に設定されていると思われますので、「587」に変更してください。

・メールソフトの設定方法は以下をご参考にしてください。

プロフェッショナルモード編集時、商品その他ページのURLを確認するには?

ページ編集時、とくにプロフェッショナルモード(HTML)でページを作成されている際、リンクする先のURLを確認したいという場合があります。
そのような場合の確認先をお伝えします。

  • SHOP管理画面:ページ管理>プロフェッショナルモード>メインページ編集
  • SHOP管理画面:ページ管理>プロフェッショナルモード>ページ編集

上記2ページの編集画面にあるエディタの上部に、「リンク先参照」というボタンがあります。
このボタンをクリックすると、「Web Link(リンク参照)」というウィンドウが開きます。

  • 基本メニュー
  • 運営者追加ページ
  • 掲示版リスト
  • お知らせ
  • 商品分類
  • 全商品リスト

上記ページのリンク先を確認できます。ぜひ、ご活用ください。

商品情報のCSVファイルが正常にアップロードできなかった

商品情報のCSVファイルが正常にアップロードできなかった場合、下記の内容をご確認ください。

  1. 下位分類登録可能な商品分類名と、商品追加可能な商品分類名が同じ場合、CSVをアップロードする際に重複エラーになります。
    これを回避するには、上位カテゴリと下位カテゴリの名前を別のものにする必要がございます。
  2. 商品のオプション設定を行う際、「オプション設定方法」を「1」(価格/在庫数量表示)にした場合は、価格・在庫数は登録されませんので、別途管理画面で設定を行う必要があります。
  3. アップロードの際、優先登録されるのが商品コードです。同じ商品コードが存在する場合、「同じデータがある」と判断され、ファイル内でも下の行にあるデータが最終的に登録されます。
    また、同じ商品名で商品コードが違う場合、違う商品として別途登録されます。
  4. サンプルファイルをベースにアップロードファイルを作成する事で、アップロードエラーの現象を減らす事ができます。
    効率よくアップロードして頂くため、できるだけファイルをご活用頂けましたらと存じます。

メールの送受信ができない

メールの送信または、受信の際のエラーが発生した場合、下記の点を再度ご確認ください。

独自ドメイン

  1. 独自ドメインの終了日をご確認ください。
    ※ご自身でドメインを管理している方は、WHOISなどで終了日がご確認できます。
    ※弊社でドメインをご依頼の方は、お客様デスクまでご連絡下さい。
  2. 独自ドメインのネームサーバーが下記に設定されているかご確認ください。
    プライマリー:ns1.ideacross.co.jp
    セカンダリー:ns2.ideacross.co.jp
 

メールマネージャー

  1. 「メールマネージャー」は、コントロールマネージャーより、オプションサービス/メールアカウント管理にございます。
  2. 「ドメイン名」と「パスワード」を設定します。
    ※デフォルトの「パスワード」は、Allin1へログインする際に設定されたパスワードになります。
    ※セキュリティ上、お客様自身でパスワードを変更していただきますようお願い致します。
  3. ログイン後、「メールアドレス一覧」を選択します。
  4. 各メールアカウントの「使用容量」を確認し、「割り当て容量」をオーバーしていないかご確認してください。
  5. 容量を増やす場合は、各メールアカウントの右側にあります「修正」ボタンを選択します。
  6. 「割り当て容量(MB)」に容量設定をしてください。
 

メールツール(OUTLOOK Expressなど)

  1. アカウントのプロパティーを開きます。
  2. サーバーの設定
    a)サーバー情報
    ●受信メールサーバーの種類 : POP3
    ●受信メール(POP3) : mail.ドメイン名 (例:mail.ideacross.co.jp)
    ●送信メール(SMTP) : mail.ドメイン名(例:mail.ideacross.co.jp)
    b)受信メールサーバー
    ●アカウント名 :○○○○@ドメイン名 (例:customer@ideacross.co.jp)
    ※ドメイン名まで登録が必要です。
    c)送信メールサーバー
    ●「このサーバーは認証が必要」にチェックをいれてください。
  3. 詳細設定
    a)サーバーのポート番号
    ●送信メール(SMTP) : 587
    ●受信メール(POP3) : 110
    b)配信 ※複数で同アカウントを設定されている場合は必須です。
    ●「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェックを入れてください。
    ●「サーバーから削除する」にチェックを入れてください。
    ※日数については、お休み・祝日に合わせて設定してください。

※メールソフトの設定方法につきましては下記のURLをご確認ください。(OutlookExpressの場合)
URL:http://www.ideacross.co.jp/file/mail/
上記の設定を確認されても送受信ができない場合は、お客様デスクへお問合せ下さい。

左側のカレンダー等を表示したままメインページを編集するには

ホームページのレイアウトをプロフェッショナルモードで自由編集してみたら、上レイアウト・左レイアウト・下レイアウトが消えてしまった。
メインページのセンターは自由編集したいが、ログイン部分やカレンダーは、テンプレートのまま表示しておきたい、という場合について説明します。

上レイアウト・左レイアウト・下レイアウトはテンプレートをつかって、メインページのセンター部分のみHTMLで自由に編集したい場合、以下の通りに編集いたします。

ページ管理>デザイン管理>メインページ管理>メインページ編集形式
「メインページをオールインワンエディターで自由に編集する」という形式に設定します。
これにより、エディタでの編集が可能となります。

エディタで編集していても、「メインページをオートレイアウト機能で編集する」にチェックが入っていると、用意されたレイアウトが適用されます。

このとき注意しなければならないのは、「メインページをオールインワンエディターで自由に編集する」を選択すると、ログインやカレンダーが表示されている左レイアウト部分が選択しているテンプレートによっては表示されない場合があります。
メインページのセンター部分の編集が、左レイアウトも含めての編集かどうかは、選択するテンプレートによって異なるため、これはご自身でご確認のうえ、ご希望にあったテンプレートを選択いただく必要があります。

Flash Playerをインストールしたのにインストールメッセージが表示

Allin1統計分析メニューを表示するにはFlash Playerが必要です。
お客様の環境によって、最新版のFlash Playerをインストールしているにもかかわらず、ページが表示されなかったり、最新版のFlash Playerインストールを勧めるメッセージが表示される場合があるようです。

これは、特定の環境下でJavaScriptでのFlash Playerバージョンチェックが正常に行われないためといわれております。

問題が発生すると確認されている環境

  1. OS:Windows 2000
    ブラウザ:Internet Explorer 6
    Flash Player 8インストール済み
  2. OS:Vista
    ブラウザ:Internet Explorer 7
    Flash Player 8インストール済み

解決方法

  1. 「Macromedia Japan – Flash Player TechNote : Macromedia Flash Player をアンインストールしたい」のページ(http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?228691+002)よりFlash Player Uninstallerをダウンロードする。
  2. 念のためブラウザを一旦終了する。
  3. ダウンロードしたFlash Player Uninstallerでアンインストールを行なう。
  4. ブラウザを起動し、最新版のFlash Player を再インストールする 。

※弊社で確認いたしましたところ、アンインストーラーを利用せず、アンインストールしても問題は解決できました。
お客様の環境により、適宜お試しください。

この問題につきまして、明確な原因は公開されておりませんが、なんらかの原因によりレジストリに問題が生じ、一旦アンインストールすることで、Flash Player関係のレジストリ情報をクリアされ、再度インストールすることによって正常な状態に戻るのではないかと考えられます。
該当の問題が生じているお客様は、お手数ですが、お試しくださいますようお願い申し上げます。

オールインワンオフィスお客様デスク TEL 03-6279-0063 平日AM10:00~PM18:00※土曜・日曜・祝祭日を除く

メールフォームはこちら
メールフォームはこちら